チーズ 体臭

チーズのような体臭はヤバい?その原因と対策とは

チーズのような体臭って何のニオイ?

 

チーズのような体臭は、まるで腐敗をしたような油っぽいニオイがする、ノネナールが関わります。

 

体内での脂肪酸の分解時に、脂肪が酸化してできます。

 

酸化はホルモンの働きで抑えることができますが、体内のホルモンがアンバランスになることで、脂肪酸が体内で増えていきます。

 

皮脂腺から脂肪酸が皮膚へと分泌をしますので、雑菌や皮膚に常に存在する常在菌により分解されることで、ノネナールへと変わります。油っぽさを感じる腐敗した悪臭は、青臭さがありますので、チーズの匂いと似ている部分が多くなります。

 

ニオイの原因はノネナールの物質が放つニオイです。
何もしないで消え去るものではなく、放置することでもっとニオイはキツくなります。

 

チーズのような体臭がする原因は?食生活?加齢?

 

チーズのような体臭がする原因は、食生活や加齢にも関わることです。

 

年齢が上がることでホルモンバランスが乱れやすく、自律神経が乱れるのが引き金の一つです。

 

発汗調整をするのも自律神経なので、汗腺の働きもニオイに関わります。

 

普段の食生活も大きく関わることの一つであり、偏りの多い食事はニオイをきつくさせます。乳製品や肉類などの、日頃から脂質の多い、カロリーも高い食事をしていると、体内コレステロールの数値が上がります。皮脂腺を刺激するのはコレステロールの数値なので、急激に皮脂の分泌料を増加させて、ニオイをキツくさせます。

 

日頃から野菜を食べ内食生活も、ニオイを強くします。食物繊維も不足をするので、便秘になりやすく、悪玉菌が増えることで、強いガスの発生になります。

 

チーズのような体臭がする時の対策は?1

 

チーズのような体臭がする時の対策として、体を丁寧に洗うようにするもひとつです。

 

軽くシャワーで済ませる人も多いですが、ニオイ対策をするときには洗い方にも気をつけます。

 

洗い残しの多くなる部分として、耳の裏側がありますし、ニオイを発生しやすいパーツです。首元を洗った時には、合わせて耳の裏側まで石鹸で洗います。

 

手が届きにくい背中も、見落としやすいパーツですので、念入りに背中も洗うようにします。

 

頭皮からもニオイを放ちやすいため、頭皮を丁寧に洗い、すすぎ洗いまで洗い残しの内容に行うことです。

 

水分を残さないように、清潔なタオルで水分をオフする必要があります。

 

ドライヤーを使い、頭皮もしっかりと乾燥をさせて、雑菌の繁殖を防ぎます。

 

チーズのような体臭がする時の対策は?2

 

チーズのような体臭がする時の対策として、自律神経を整えることも意識します。

 

ホルモンバランスは目には見えないものの、様々な体調の不調でシグナルを発信してきます。

 

忙しい中で生活が乱れると、自律神経は乱れやすくなるため、毎日の生活を正すことから始めることです。

 

夜ふかしをする習慣のある人は、早く眠るようにして、睡眠不足を解消するのも大切なことです。

 

深夜の時間帯に良い眠りに入ることで、体内のホルモンバランスもと問いやすくなります。

 

アルコールを飲む習慣もほどほどにして、タバコは控えることです。

 

食生活の乱れを正すことも大事であり、偏りのある食事ではなく、野菜などもメインにして食べるようにします。肉類など油が多い食事は、できるだけ控えることです。

 

チーズのような体臭がする時の対策まとめ

 

チーズのような体臭がする時の対策まとめとして、基本的に規則正しい生活をすること、体は丁寧に洗うことを実践することです。

 

年齢的なことが関わるとしても、自律神経を正す良い生活習慣を身につけることで、体調もホルモンも整いやすくなります。

 

健康のためにも夜は早く眠りに入ることは大事であり、深夜の成長ホルモンの分泌時間には、良い眠りの中に入っていることが大事です。

 

食事では油やアルコールなどは過剰に摂取しないで、野菜なども意識して食べることです。

 

硫黄臭原因